HIROMARTBLOG

Unity、Cocos2d-xのこととか書けたらいいですね。

プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~AssetStoreの使い方とシーンへの追加~

      2015/03/25

前回の記事 でプロジェクトの作成とUnityの設定をしたと思います。

今回は、AssetStoreの使い方とゲームで使う素材をダウンロードして、それをゲームに追加する作業を行います。

必要な3Dモデルをアセットストアからダウンロード

ゲームを作るためには、3Dモデルが必要です。

でも、一から作るのは時間がかかるし、難しいです。

そんな時、Unityならアセットストアからダウンロードして使う事が出来ます。

有料だけでなく、無料もたくさんあります。

アセットストアのログイン

3dShooting11

Unityの[Window]→[Asset Store]をクリックします。

3dShooting12

AssetStoreが開くので、右上の[Log in]をクリックします。

そして、Unityの登録時と同じメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

3Dモデルのダウンロード・インポート

今回は、3Dシューティングゲームを作るのでそれにあった宇宙戦闘機みたいな3Dモデルが欲しいですよね。

ちょうどいいのがアセットストアにあるので、それを使ってみましょう。

3dShooting13

右上の赤枠で囲んだ[Search AssetsStore]のところに[Free SciFi Fighter]と入力してEnterを押して検索してください。

3dShooting15

3つ検索結果が出たと思うので、その一番左をクリックします。

3dShooting14

これが出てきたと思います。

赤枠で囲んだ[download]をクリック。

3dShooting16

少し経つと、インポートするものが出てきます。

すべてチェックが入っているのを確認して右下の[Import]をクリックします。

3dShooting17

[Projectタブ]に追加されて入ればインポート完了です。

宇宙のダウンロード・インポート

次は、宇宙の素材をダウンロードしてインポートしてみましょう。

[3 Skyboxes]というものです。

3dShooting18

ゲームシーンに追加

宇宙戦闘機の追加

先ほど追加した、宇宙戦闘機と宇宙素材をゲームシーンに追加してみましょう。

3dShooting19

宇宙戦闘機のモデルが[Projectタブ]の[Assets]→[Meshes]の中にあるのでそれを[Hierarchyタブ]にドラッグ・アンド・ドロップをしてゲームシーンに追加します。

3dShooting20

カッコイイ宇宙戦闘機がSceneに追加されました。

宇宙をSceneに追加

次は、宇宙の素材を使って宇宙空間を作っていきましょう。

3dShooting21

[Hierarchyタブ]の[Main Camera]をクリック。

3dShooting22

[Inspectorタブ]が[Main Camera]の情報に変わるので、下にある[Add Component]で[skybox]と検索をして出てきた[Skybox]をクリックして追加してください。

3dShooting23

一番下に[Skybox]というのが追加されたと思います。

追加された[Skybox]の右側にある青枠で囲んだ丸井のをクリックしてください。

ここで、[Main Camera]から見る周りの景色を設定する事が出来ます。

3dShooting24

ウィンドウが出てきたと思います。

これが今[Assets]内にあるMaterialたちです。

赤枠で囲んだ部分が、追加してもらった宇宙素材です。

クリックすると、[Gameタブ]の景色が変わるので自分の好きなのを選んでみてください。

私は、[Skybox_BlueNebular]を選んでみました。

確認

今のままだと、宇宙戦闘機がカメラの目の前に来て見難いですね。

カメラの位置を変更してみましょう。

さきほどと同じように、[Main Camera]を選択してください。

3dShooting26

そして、[Inspectorタブ]の[Transform]の[Position]のZを変更しましょう。

図のように[-30]と入力してください。

3dShooting27

これで、見やすくなりましたね。

Sceneの保存

今作ったゲームシーンを保存しましょう。

保存しないと、次開く時になくなってしまうので絶対に保存しましょう。

3dShooting29

[File]→[Save Scene]があるのでそれをクリックします。

いつもの保存する場所を決めるウィンドウが出てくるので、このプロジェクトフォルダの[Assets]→[MyFolder]を選択し、その中に[Scene]というフォルダを作りそこに好きな名前で保存しましょう。

3dShooting30

Unityの[Projectタブ]で見るとこういう感じです。

まとめ

今回は、AssetStoreからほしいモデルや素材のダウンロード・インポートとそれをゲームシーンに追加する方法、シーンの保存方法を書いていきました。

次回から、実際にプログラミングをしてコードを書きながら今回追加した宇宙戦闘機を動かしていきたいと思います。

次回もよかったら見てください。

では。

 

 - IT, Unity , , ,

広告

広告

コメントを残す

  関連記事

簡単オンラインゲーム開発!!UnityとPhotonCloudで簡単実装~オブジョクトの同期~
プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~衝突判定の設定~
プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~敵の作成~
プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~衝突判定の設定2~

前回の記事の最後で言っていた、敵の弾が宇宙戦闘機に衝突した時の処理を今回書いてい …

簡単オンラインゲーム開発!!UnityとPhotonCloudで簡単実装~導入編~
Windows環境でBitbucketとSourceTreeの導入(SSHキー作成とBitbucketへの登録)
Unity5!インストールしてから起動までの流れ!~アカウント登録~
Windows環境でBitbucketとSourceTreeの導入(リポジトリの作成とSourceTreeへのクローンの方法)
簡単オンラインゲーム開発!!UnityとPhotonCloudで簡単実装~カメラを追随させる~
プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~プロジェクトの作成とUnityの設定~
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。