HIROMARTBLOG

Unity、Cocos2d-xのこととか書けたらいいですね。

プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~ソースファイルの作成とゲームオブジェクトへの追加~

      2015/05/31

前回の記事で AssetStoreの使い方を書いたと思います。

今回から、少しだけコードを書きながら前回追加した宇宙戦闘機を動かしていきたいと思います。

Visual Studioを設定する

コードを書くエディタをVisual Studioに変更しましょう。

詳しくは、下記を見てください。

Visual Studioの設定方法

ソースファイルの作成方法

Scriptフォルダの作成

まずは、ソースファイルを保存するフォルダを作成しましょう。

作成する場所は、作ってもらった[MyFolder]の中です。

赤枠で囲まれている[MyFolder]の上で右クリックをして、[Create][Folder]をクリックします。

[MyFolder]の作成時と同じですね。

 

3dShooting31

そして、その中にソースファイルを作成します。

C#のソースファイルの作成

作成するソースファイルは、C#のモノです。

言語が違うと、書いていくプログラミングのコードも違ってくるので、間違わないようにしてください。

3dShooting32

C#のソースファイルの名前は、[StarfighterControl.cs]にしてください。

ダブルクリックかエンターを押して、作成した[StarfighterControl.cs]を開いてください。

開くと、Visual Studioが起動したと思います。

3dShooting34

右側の赤枠で囲んだ部分に注目してください。

3dShooting35

この欄は[Assets]→[MyFolder]→[Script]→[StarfighterControl.cs]となっています。

そうです。Unityの[Projectタブ]と同じです。

そして、[StarfighterControl.cs]をクリックしてください。そうすると、左側の大きなところで開くと思います。

3dShooting33

こういうのが開いたと思います。これがUnityで作成したソースファイルのテンプレートです。

Start()関数

Start()関数とは、[void Start()]と書かれている部分です。

これは、このソースファイルで一番最初に一度だけ呼ばれる部分です。なのでStart()です。

Update()関数

Update()関数は、毎フレーム毎に一度呼ばれます。

なので、ゲーム中ずっと呼ばれる部分です。

便利なのですが、ここにいろいろ書きすぎるとゲームが重たくなる要員にもなるので気をつけて使いましょう。

 

宇宙戦闘機を動かそう!!

では、コードを書いて、宇宙戦闘機を動かしてみましょう!!

キーボードの入力

動かす方法は、キーボードの上下、左右です。

この4つのボタンで、前と後ろ、左と右に動くようにします。


using UnityEngine;
using System.Collections;

public class StarfighterControl : MonoBehaviour {

 float X_Speed = 1;
 float Z_Speed = 1;

 // Use this for initialization
 void Start() {
 }

 // Update is called once per frame
 void Update() {

  float vertical = Input.GetAxis("Vertical");

  float horizontal = Input.GetAxis("Horizontal");

  if (Input.GetKey("up")) {
   transform.Translate(0, 0, vertical * Z_Speed);
  }
  if (Input.GetKey("down")) {
   transform.Translate(0, 0, vertical * Z_Speed);
  }
  if (Input.GetKey("left")) {
   transform.Translate(horizontal * X_Speed, 0, 0);
  }
  if (Input.GetKey("right")) {
   transform.Translate(horizontal * X_Speed, 0, 0);
  }
 }
}

上記のがコードです。(もしかしたら、全角スペースが入っているかもしれないので、コピペする時には注意を!)

 
float X_Speed = 1;
float Z_Speed = 1;

6・7行目の2つが横移動時と縦移動時のスピードを決める変数です。
この数字を大きくすると、動くスピードが早くなります。

</pre>
float vertical = Input.GetAxis("Vertical");

float horizontal = Input.GetAxis("Horizontal");

 

16行目のが、キーボードの矢印の上下が押された時に-1~1の値を取得する事が出来ます。
同様に、18行目は左右のキーが押された時に、-1~1の値を取得する事が出来ます。

 if (Input.GetKey("up")) {
 transform.Translate(0, 0, vertical * Z_Speed);
 }
 if (Input.GetKey("down")) {
 transform.Translate(0, 0, vertical * Z_Speed);
 }

 if (Input.GetKey("left")) {
 transform.Translate(horizontal * X_Speed, 0, 0);
 }
 if (Input.GetKey("right")) {
 transform.Translate(horizontal * X_Speed, 0, 0);
 }

20行目から31行目の処理が、実際に宇宙戦闘機を動かしている処理部分です。

[Input.GetKey("up")]が押されたら、その下の[transform.Translate(0, 0, vertical * Z_Speed);]の処理をします。

というのが、if文のしてくれる事です。

ちなみに、[Input.GetKey("up")]とは矢印キーの上の事ですね。

ほかの3つのそれぞれ、矢印下[Input.GetKey("down")]、左[Input.GetKey("left")]、[(Input.GetKey("right")]です。

そして、それぞれキーが押された時にどんな処理をしてるのかは、

例えば[Upキー]の場合、処理は[transform.Translate(0, 0, vertical * Z_Speed);]です。

transform.Translate(x,y,z)のzに[vertial * Z_Speed]と書かれています。

Update()関数の中で、書かれているので、毎フレーム毎にZにプラス[vertial * Z_Speed]するという意味です。

vertialは、矢印キーが押された時に-1から1の値を持ち、上が押された時に0~1の値を持つので、Zに対してどんどんプラスして行くという事です。

他の項目も同様の処理が書かれています。

ゲームオブジョクトにソースファイルをセットする

では、書いたソースファイルを宇宙戦闘機のゲームオブジョクトに設定しましょう。

3dShooting36

やり方は、簡単!!

書いたソースファイルをクリックし、それをドラッグ・アンド・ドロップで宇宙戦闘機のゲームに持っていくだけです。

今だと、宇宙戦闘機のゲームオブジョクト名か[SciFi_Fighter_AK5]になってるのでそれにドロップしてください。

3dShooting37

このように宇宙戦闘機の[Inspector]に追加されていればOKです。

ゲームの実行

では、今回作ってもらった部分が無事動くか検証してみましょう。

3dShooting39

Unityの画面に真ん中上にある[▶]ボタンを押してください。

これだけでゲームが実行されます。

今、矢印キーを押せば宇宙戦闘機が動くと思います。

3dShooting41動かない人は、赤枠で囲んだ[Gameタブ]のどこでもいいのでクリックしてみてください。

これで動くと思います。

Sceneの保存

前回の記事の最後で書いた、Sceneの保存をしましょう。

Sceneの保存を忘れると、今回行ってもらったことが保存されないので、絶対に保存しましょう。

まとめ

少し、駆け足でしたがゲームオブジェクトの動かす方法を紹介してきました。

矢印キー以外のキーボード入力やマウスのクリック入力、もちろんスマホのタッチ操作などいろいろなデバイスでいろいろな入力方法を使う事が出来ます。

今日書いたところを変える事で、いろんなことが出来ると思います。

次回は、宇宙戦闘機からビームか弾を発射出来るようにして、攻撃が出来るように変更していきましょう。

では。

 - IT, Unity , , ,

広告

広告

Comment

  1. しゅんき より:

    こんにちは、この記事を参考にゲームを作らせてもらっているものです。
    動くようにスクリプトを作ったのですが、
    そもそもエラーが起きてしまい実行できません。
    変えたのはカメラとライトと戦闘機だけなのですが、
    なぜ実行できないのか教えていただきたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  関連記事

Windows環境でBitbucketとSourceTreeの導入(Bitbucketの設定とSourceTreeのインストール)

BitbucketとSourceTree使い方を数回の記事に分けて、投稿していこ …

簡単オンラインゲーム開発!!UnityとPhotonCloudで簡単実装~導入編~

今回から数回に分けて、UnityとPhotonCloudを使って、リアルタイムオ …

Windows環境でBitbucketとSourceTreeの導入(リポジトリの作成とSourceTreeへのクローンの方法)

前回の記事の続きです。 SSHキー作成をしたと思います。 もし、作成出来てない場 …

プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~AssetStoreの使い方とシーンへの追加~

前回の記事 でプロジェクトの作成とUnityの設定をしたと思います。 今回は、A …

プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~ゲームスタートボタン・リセットボタンの設置~

前回までで、ゲームのシステムがほぼ出来ました。 自機を動かす事、敵を生成する事、 …

no image
Windows環境でBitbucketとSourceTreeの導入(コミット・プッシュの使い方)

前回の記事では、リポジトリの作成とSourceTreeへのクローンの方法を行いま …

プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~敵の作成~

今回は、敵の作成を行います。 目次1 準備2 敵機体のインポート2.1 Scri …

プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~衝突判定の設定~

今回は、衝突判定について書いていきます。 弾と機体があたった時に、判定をして機体 …

プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~プロジェクトの作成とUnityの設定~

ゲームを作りたいなぁと思っても、プログラミングって難しそうだし、絵とか3Dモデル …

プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~カメラの設定~

前回の記事では、宇宙戦闘機から弾が発射するようになりました。 今回は、カメラの設 …