HIROMARTBLOG

Unity、Cocos2d-xのこととか書けたらいいですね。

Unity Adsの使い方・導入方法~Unityで作ったゲームで広告収入~

      2015/03/29

今回は、Unity Adsの使い方・導入方法を書いていきます。

 

Unity Adsのアカウント作成

まずは、アカウントを作成しましょう。

Unity Adsの公式サイトにアクセスします。(https://unityads.unity3d.com/)

unity_Ads03

右上の[SIGNUP]をクリック。

unity_Ads04

それぞれの項目を入力します。

会社ではなく、個人で使う場合の会社名は、自分の名前でいいと思います。

unity_Ads05

登録をクリックすると、この画面になります。

登録したメールアドレスに、メールが来ていると思うので本文にあるURLをクリックして承認をしてください。

unity_Ads06

この画面が出できたら、登録完了です。

ゲームの登録

広告を載せるゲームの登録をします。

まだ、作成していない・作成途中でも先に登録する事も可能なのでこのまま進めてください。

unity_Ads07

 

左側のある[ゲーム]をクリックします。

そして、[新しいゲームを追加]をクリックします。

unity_Ads08

作るゲームのOSを選択してください。

unity_Ads09

ステップ2が出てくるので、ここでまだゲームを公開していない場合は、赤線の引いてあるこちらをクリックしてください。

unity_Ads10

ここに作るゲームの名前を入力してください。

そして、[ゲームの追加]をクリック。

unity_Ads12

そして、ステップ3で13才未満を対象に入れるか入れないかを聞かれるので、

作るゲームにあった方を選択してください。

そして、[次へ]をクリックします。

unity_Ads13

これでゲームの登録が出来ました。

ゲームID欄にある番号がそれぞれゲームによって違います。

これをUnityのProject内で使うので、どこかにメモっておいてください。

Unity Adsのインポート

ここからはUnity内での設定です。

[AssetStore]で[Unityads]で検索をして、unity_Ads01

[Unity Ads]を選択。

unity_Ads02

ダウンロードをして、インポートします。

Sceneへの追加

次は、Unity AdsをSceneに追加しまょう。

UnityAds用のソースファイルを1つ作成してください。

名前はなんでも大丈夫です。


using UnityEngine;
using System.Collections;
using UnityEngine.Advertisements;

public class test : MonoBehaviour {

// Use this for initialization
void Start() {
Advertisement.Initialize("00000");
}

// Update is called once per frame
void Update() {

if (Advertisement.isReady()) {
Advertisement.Show();
}
}
}

3行目に[using UnityEngine.Advertisements;]を追加します。

そして、Start()の中の9行目に[Advertisement.Initialize(“00000”);]を追加します。

この番号が先ほどのゲームIDになります。自分のゲームIDを入力してください。

15行目から17行目に追加したのが、広告を表示する部分です。

[if (Advertisement.isReady())]で認証等広告を表示する事が出来る状態かを判断しています。

[Advertisement.Show();]で広告を表示させています。

このソースファイルを[Main Camera]かなにかに追加してください。

unity_Ads14

 

 

 

実行の設定

実行する時は、PlatformをAndroidかiOSに設定してください。

unity_Ads16

Unity Adsがスマホ広告向けなので、どちらかに設定しておかないとUnity上で実行してもなにも表示されません。

導入出来ているかの確認

unity_Ads15

Here would be your Ad unit.(ここに広告が表示されます)
(Things seems to be working!)(正常に動作しています)

実行をして、上記のが表示されると正常に動作がしているということです。

PlatformをWebPlayer等にしていると表示されないので気をつけてください。

自分はここで、なかなか表示されなくて困りました。

また、実機で実行すると実際に広告が表示されます。

まとめ

これで、Unity Adsの導入が出来ました。

スマホゲームを作って、これを導入して収入アップを目指すのもいいかもしれません。

『クロッシーロード』というゲームは[Unity ADS]だけで300万ドル(約3.6億円)を売り上げたらしいです。

 - Unity , , , ,

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  関連記事

3Dシューティングゲームを公開

前回までで紹介してきた「プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューテ …

Unity5!インストールしてから起動までの流れ!~アカウント登録~

前回の記事でUnity5のダウンロードからインストールまで紹介したと思います。 …

プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~衝突判定の設定~

今回は、衝突判定について書いていきます。 弾と機体があたった時に、判定をして機体 …

Unity5にVisual Studio Tools for Unity ( UnityVS ) を追加する方法

最近リリースされた、Unity5では、今までのUnity4.6などと同じ方法では …

プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~衝突判定の設定2~

前回の記事の最後で言っていた、敵の弾が宇宙戦闘機に衝突した時の処理を今回書いてい …

簡単オンラインゲーム開発!!UnityとPhotonCloudで簡単実装~サーバーへの接続~

前回の記事でPhotonCloudに繋がっている事が確実にわかったと思います。 …

プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~カメラの設定~

前回の記事では、宇宙戦闘機から弾が発射するようになりました。 今回は、カメラの設 …

簡単オンラインゲーム開発!!UnityとPhotonCloudで簡単実装~アニメーションの同期~

目次1 前回の記事の変更2 Photon Animator Viewの追加3 o …

プログラミング初心者でも簡単!Unity5で3Dシューティングゲーム開発!!~敵の作成~

今回は、敵の作成を行います。 目次1 準備2 敵機体のインポート2.1 Scri …

Unityで作ったアプリをケーブルでAndroid実機で動かす方法

個人でUnityを使って作ったゲームを実機で動作するのかを試したい時ってあります …